ブログ

    子どもの日といえば…?

    さらさ由利本荘でも子どもの日に合わせて鯉を上げました。

    思い出してみると、子どものいる家庭ではよく鯉のぼりを上げていたものでした。

    さらさ由利本荘であげている鯉のぼりも、昔は空を靡いていた鯉のぼりでしたがこうして近くで見てみるとその大きさに驚きますね。

    さて、そんな今日はこどもの日。

    子どもの日といえば?にちなんだものを色々とご用意させて頂きました。

    一富士の後藤シェフ渾身の鯉のぼりちらし寿司です!

    見た目も可愛いちらし寿司ですが、利用者の皆さんにもとても好評でした♪

    「「僕たちも柱からいただきまーす♪」」

    午後からは落語家の月亭八斗さんによる落語を皆さんに楽しんでいただきました!

    皆さんとても楽しみにしておられたのか、ラウンジいっぱいに集まられ、時折笑い声に包まれながら真剣な表情で聞いておられました。

    今回の月亭八斗さんの衣装、よく目立つピンク色でしたね!

    三遊亭好楽さんに間違われるお話もとても盛り上がってましたよ!

    大浴場では菖蒲湯の用意をさせて頂きました。

    実は自分の家で菖蒲湯はやったことがなかったので、どんな香りがするのか分からなかったのですが、植物らしい青臭みのある香りが大浴場に広がってました。

    利用者さんの入浴中の写真は今回は控えておきますね🙂

    お風呂上がりにはパートナー渾身の手作り生姜ジュースを用意させて頂きました!

    砂糖と蜂蜜で生姜を煮込んだシロップを水で薄めて用意しましたが、炭酸水で割ればジンジャーエール、ビールに入れればシャンディガフとバリエーションも豊富です。

    生姜ってもしかしてダイエットにも効果が…?なんて想像したダイエッターの方もいらっしゃるでしょうが、血流が良くなるのでちょっとは効果あるかもしれないですね!

    でもお砂糖モリモリ入ってるのであんまり期待しないのがいいですよ☺️プラマイゼロ👌✨

    血流が良くなるのでぽかぽかが持続する効果はあるかもしれないですね!

    是非やってみてくださいね。

    モリモリ盛りだくさんの子どもの日でしたが、利用者の皆さんにもとっても好評でした。また月亭さんが来てくれる日まで元気に過ごしましょうね!


    “子どもの日といえば…?” への4件のフィードバック

    1. さらさ由利本荘 大友 より:

      さらさ湯沢 加藤さん
      コメントありがとうございます!
      生姜ジュースの作り方は驚くほど簡単です♪
      家で試作したときは500mlの小鍋に生姜1個薄切り、水と同量の砂糖を入れて10分程煮込むだけです。蜂蜜とレモンを少し入れるとまた奥深い感じになりますよ。
      自分的には砂糖の量をもう少し減らしたらちょうど良さそうでした。
      唐辛子を入れるとピリッとしたり、香辛料を入れると色んな味になりますので是非試してみて下さいね!

    2. さらさ由利本荘 大友 より:

      さらさ大曲 和泉さん
      コメントありがとうございます!
      こいのぼりのちらし寿司、かわいいですよね!
      鯉にかたどって飾れば子どもにも喜んでもらえそうなので、来年には自分も作ってみたいと思いました。
      ジンジャーエール、自分も大好きなんですが生姜シロップに炭酸水を注いで作るとけっこう辛めにできますので、市販のものより大人な味になりますよ!これはこれでなかなか、あり寄りのありって感じです♪

    3. さらさ大曲 和泉 より:

      鯉のぼりのちらし寿司彩り良くて綺麗で可愛いですね🎏
      見た目も良くて美味しいだなんて最高ですね😆
      生姜ジュース手作りとは驚きました😳
      生姜シロップ楽しみはいろいろですね!私は炭酸水好きなので、ぜひジンジャエール飲んでみたいです‼️

    4. さらさ湯沢 加藤 より:

      『生姜ジュース』手作りなんですね👀‼️
      なかなか作り方が難しそうですが…
      美味しそうなので頑張って作ってみたいと思います!
      鯉のぼりのちらし寿司も可愛いですね✨✨
      食べるのが勿体ないです🥺
      そして、私も多分…柱からいきます笑笑

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です