ブログ

    秋の七草って知ってる?

    この間まで暑くて額に汗を滲ませていたのが嘘のように、随分肌寒くなってきました。気がつけば今日から10月に入るもので、今年も残すところあと…

    これはまだ少し早いですね🍃

    中秋の名月。

    今日は古くからお団子をお供えして、月見をしてきた日ですがお団子や里芋、お米に見立てたススキを飾って秋の収穫に感謝をする日みたいです。

    ススキといえば実は秋の七草に数えられる植物なのですがご存知でしょうか?

    春の七草といえば七草粥でおなじみですが、実は秋の七草も存在するのです。


    そこで…

    せや!

    秋の七草で生け花やったら花好きの利用者さん喜ぶんちゃうやろか🌟!

    館内に飾らせてもらったら玄関もきっと素敵になるし、これこそwinwinの関係やな👏🏻

    ワイ天才かな?

    という安直な考えからスタートした、秋の七草生け花企画でした。

    花屋さんにも置いていないハギや葛といった植物の一部は、さらさ由利本荘のボス、園芸部長である佐賀パートナーへ相談のもと、山の方から調達してきました。由利本荘に自然のことは大体把握しているのでとても頼もしいのです☺️

    なんやかんやで生け花の用意を整えて、無事スタートです!

    生け花に対してなにかを感じていそうな私もいますが、実際はなにも分かっていません…
    ススキの硬い葉をしごいて
    曲線をつける姿に
    プロフェッショナルの
    一面が見えました…🧐

    皆、思い思いに生けて頂いた生け花はどれも素敵でしたが、最後にひとつだけ玄関に飾るものを決めることに。

    ただし、過程を見ている人では公平な判断はできないですからね。

    なので、なにも知らない利用者さんに事情を説明してきて頂くことにしました。

    お風呂上がり!
    翌日誕生日を迎えるKさん。
    心なしか鋭い視線で審査している気がします…

    「これはどうですか?」

    『いいな。』

    「じゃあこっちの生け花はどうですか?」

    『いいな。』

    「全部いいんですか!?」

    『これはだめだ。』

    「厳しい!!」

    今まで作っていた過程を見ていた我々にはひやひやする厳しいコメントもありましたが、忖度無用の審査のもと、玄関へ飾る一作品が決まったのでした。

    「因みに良かったと思った理由って何なんですか?」
    『涼しい。』
    生け花を見て、涼しいと感じる心に自分は心が揺れます…。

    あくまでも1番を決める審査でなく、玄関へ置く生け花を決める審査であって

    そのほかの作品もどれも本当に素敵でした。

    どれもが最優秀と言われてもおかしくなかったですが、はっきりと性格が出るんだなあと感じる締めくくり…☺️

    その後で、ロビーやお風呂場など各所へ飾らせていただきました。

    散るのが早いものもあるので長い期間は楽しめないのですが、参加してくれた利用者さんから

    「久しぶりに生けたりして本当に楽しかった…」

    「こういう機会なかなかないからね。楽しかったよ!またやりたいね!」

    と、嬉しい言葉を沢山いただけました💝

    初めてでどうなるか不安もあったけど企画して良かったと思いました。

    また次はいつやろうかな…🌟


    “秋の七草って知ってる?” への2件のフィードバック

    1. さらさ横手 萩原 より:

      秋のもの使った生け花とってもステキですね(^^)
      真剣ででも楽しそうな皆さんの表情が一番の主役ですね☆

      • さらさ由利本荘 大友 より:

        コメントありがとうございます!
        生け花素人の自分なので、盛り上がるのか不安でしたが
        みんなに喜んでもらえたのがとても嬉しかったです☺️
        最後に細かい手入れをする瞬間まで真剣な表情で、みんなでお披露目の瞬間にはみんな笑顔だったのが印象的でした♩

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です