ブログ

    きらきらっこ秋田、第2弾!

    いつもお世話になっております。

    きらきら保育園秋田駅前の渡部です。

    前回に引き続き、新年度から4か月のきらきらっこの様子をご紹介させていただきたいと思います!

    今回は、にじ組さん(1歳児)です。

    にじ組さんは、去年はひよこ組で今年の4月からひとつお兄さんお姉さんになりました。

    進級したことで保育室が変わる等の環境の変化に戸惑う姿も見られましたが、2歳児のお兄さんお姉さんの姿から刺激を受けたり、安心できる保育者との触れ合いを通して、少しずつ笑顔や笑い声も増えてきました。

    今ではこ~んなにはじける笑顔を見せてくれています。

    遊びの面では、赤ちゃんのときとはまた違い、触ってみるだけでなく、「これってなんだろう?どうやるのかな?」というように、「試してみる」姿も増えてきています。いろいろな物への興味関心が広がってきているとともに、「やってみたい」気持ちが芽生えてきていますね。

    何かに夢中になるとき、子どもたちはこんなにもまっすぐな目で、いろいろなことを考えながら遊んでいます。まさに「学び」ですね!

    様々な物や人との出会いを通して、いろんな感情・感性が育まれる時期。

    大人にとっては些細なことも、子どもたちにとっては大きな発見・感動。

    その感性に同じ目線で共有できるよう、私たち保育者自身の感性を研ぎ澄ませながら、子どもたちに寄り添っていきたいと思います。

    次回は、そら組さんです。お楽しみに~♪


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です